読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンメモ

ポケモンのメモです、他者に迷惑をかけるようなコメントは控えましょう。

6世代の改造について3

前の方法だとボックス1つしかできませんので、もっと多く送りたいという人向けです

この方法だとボックス1から31を全て変更できます

 

用意するものは3DSの本体バージョン9.0.0-20Jから9.5.0-22Jのもの(new3DS、new3DSLLではできません)、ポケモンのROM、SDカード、PKHeX、pcin.bin、pcout.bin(これが最重要なので赤文字にしてあります)、パソコン、3DSがネットに繋げる環境です

 

やり方

前の2つのものとはかなり違うので、しっかり読んでください

1.まずはパソコンにPKHeXをDLします

2.次にpcin.binとpcout.binをDLします

 http://projectpokemon.org/forums/showthread.php?44561-PCEdit-Full-PC-Dumping-and-Injection-for-X-Y-OR-AS

 上のURLからpcedit.rarをDLしてください

 ※前の2つと圧縮方法が違うので、rarが解凍できるソフトを使用してください

3.DLが終わったら解凍してpcout.binとpcin.binをSDカードに入れます

 場所はルートディレクトリ(SDカードをパソコンに挿した時に最初に表示されるところ)に置きます

4.SDカードを一旦3DSに戻してからポケモンを起動して、ホームボタンを押してホーム画面に戻ります

5.そうしたらインターネットブラウザを起動して、http://bit.ly/1yRUulBにアクセスします

短縮URLになっていますが、http://dukesrg.no-ip.org/3ds/rop/?LoadCode.dat&pcout.binを入力してもらっても同じところへ飛べます)

以前のURLは使えなくなったのでhttp://lunarcookies.github.io/loadcode.html#pcout.binを使用してください

6.するとブラウザがクラッシュするので、クラッシュしたら3DSの電源を切ってSDカードを抜きます

7.抜いたSDカードの中にpcdata.binというファイルが追加されています

8.これをPKHeXで開いて好きなように編集します

 この方法であればボックス1から31までのポケモンを自由に編集できます

9.編集が終わったらボックスタブからツールタブに飛んで、Save Box Data++をクリックしてはいを押して保存してください

 ※前回の方法ではいいえでしたが、今回はボックス全部を保存するので必ずはいを選択してください

10.保存ができたらpcdata.binというファイルができあがるので、これをSDカードに入れます

  入れた時に既にpcdata.binが存在するので、上書きしていいですし残しておきたい人はファイル名を変えるなどをして上書きを避けてください

 要は先ほど保存したファイルがSDカードにpcdata.binというファイル名で入っていればなんでもいいです

11.SDカードを3DSに戻したらポケモンを起動して、ホームボタンを押してホーム画面に戻ります

12.またインターネットブラウザを起動して、今度はhttp://bit.ly/1JpcyGTにアクセスします

 (これも短縮URLなので、http://dukesrg.no-ip.org/3ds/rop/?LoadCode.dat&pcin.binを入力しても同じところへ飛べます)

こちらも使えなくなったのでhttp://lunarcookies.github.io/loadcode.html#pcin.binを使用してください

13.こちらもブラウザがクラッシュするので、クラッシュしたらゲームに戻ってください

14.戻ったらボックスを確認して、編集したとおりになっていたらレポートを書いてください

万が一短縮URLが間違っている場合は、pcedit.rarが置いてあるサイトにURLが載っているのでそちらを参考にしてください

pcdata.binが作成できない、あるいはpcdata.binが読み込めないという場合は、ブラウザの履歴とCookieを消してからやってみてください

 

簡単にやり方を書いたので、もしかしたら間違っているところや抜けているところがあるかもしれません

ちなみに私はこの方法を使ったことがないので、他の記事より間違っている可能性が高いです

個人的にはこの方法より同時に色々編集できる6世代の改造について4の記事をおすすめしますが、ボックスのポケモンしか改造する気がない人はこちらでもいいと思います